イオン銀行ATMからHSBC銀行口座のお金を引き出す手順

HSBC香港の銀行から日本のATMでお金を引き出す方法

これまでセブン銀行のATMが便利でよく使っていましたが、手数料的にイオン銀行の方が良いという情報がありました。

なんとイオン銀行のATMならば、出金手数料無料で引き出すことができるそうです。

よく考えてみると、イオンも意外と身近な所にたくさんあって便利なんですよね。

買い物に出かけたついでにATMに立ち寄ってお金を引き出すと、手数料の節約になりますね。

やってみました

IMG 0086

やって来ました、イオンにあるイオン銀行ATMです。

このATMでHSBCのATMカードが使える理由は、このイオン銀行がユニオンペイ・ネットワークを利用しているからなのですね。

IMG 0087

ユニオンペイ(銀聯)のマークが付いているものだけが出金手数料無料で引き出せるそうです。

ご利用時間 手数料 海外で発行されたカード |ATM|イオン銀行

イオン銀行のサイトでも記載が確認できました。

ATMを起動すると下のような画面になります。

IMG 0088

急いで撮ったので、ちょっと画面がブレてしまいました。

HSBCのカードを使いたいので、「INTERNATIONAL CARDS」を選んでください。

IMG 0089

使用できる言語は英語と中国語しかありません。

「英語」を選択します。

IMG 0090

インフォメーションが表示されました。

このATMは24時間、365日使えること、イオンクレジットクレジットサービス株式会社のネットワークを使いますとのこと。

「Confirm」を押して次に進みます。

IMG 0091

PINコード(ATMパスワード)を入力しましょう。

無事パスワードが通れば、あとはセブン銀行と同じです。

IMG 0092

出金の時はWithdrawals

残高照会の時はBalance Inquiriesです。

IMG 0093

次は出金する口座を選びます。

Saving accountで問題ないはずです。

IMG 0094

口座を選んだら、次は出金金額を入力します。

セブン銀行と違い自分で入力しなければいけないようです。

単位は1,000円単位になります。

IMG 0095

金額入力も終われば、現金が出てくるのを待つばかりです。

IMG 0096

無事、現金引き出しに成功しました。

明細とカードは忘れずに取って持ち帰りましょう。

以上がイオン銀行ATMを使っての一連の流れになります。

大まかな画面の流れはセブン銀行の時とあまり変わりがありませんでした。

落ち着いて操作すれば問題なさそうですね。

ご参考ください。


コメントを残す