Dropboxのインストール手順

ファイル同期サービスのDropboxのインストール手順を記しておきます。

http://db.tt/cOr0Kx2F
Dropbox – Dropbox をダウンロード

上記リンクより、ソフト本体をダウンロードして下さい。

Windows 7-0

リンク先から「Dropboxのダウンロード」を選択肢ます。

DropboxはWindows用、Mac用、Linux用、モバイル用とたくさんのクライアントが用意されています。

それぞれ自分の環境にあったものを選択してください。

Windows 7-1

自動的にソフトのダウンロードは始まりますが、画面に何も変化が起こらない場合は、使用しているブラウザに寄ってセキュリティ警告が出ている可能性があります。

この画面はGoogle Chromeを使っている画面ですが、「保存」をクリックしてください。

Windows 7-2

無事ダウンロードが完了しました。

Windows 7-3

ダウンロードしたインストールファイルを実行していいかどうかの確認が入る場合があります。

「実行」を押して先に進めましょう。

Windows 7-4

こちらも「はい」を。

Windows 7-5

ようやくDropboxのセットアップ画面までたどり着きました。

「インストール」を押してインストールしましょう。

Windows 7-6

インストール中・・・

Windows 7-7

インストールが完了すると、Dropboxへのログイン画面になります。

アカウントが持っているか持っていないかを聞かれます。

今回はDropboxのアカウントを持っていない場合を想定していますので、「アカウントを持っていません」を選択して「次へ」を押しましょう。

アカウントはメールアドレスがあれば簡単に登録できます。

Windows 7-8

アカウントの種類を選びます。

Dropboxは無料で2GBまで使用できます。この使用容量は他の人へDropboxを紹介することでどんどん増やしていけます。

ビジネスユースや写真、画像、音楽、動画を共有するために使う場合には50GBほどあると安心ですが、パーソナルユースでは2GB+紹介ボーナスをつけていくことで充分だと思います。

この容量は現在、画面をキャプチャした頃よりも倍増していて、月額US$99.99では100GB、US$19.99では200GB使えるようになっています。

ますます魅力が上がりました。

僕は100GBプランで使用しています。

Windows 7-9

自分でDropboxで使用するフォルダを指定する場合以外は「標準」を選んでおけば問題ないのではないでしょうか。

Windows 7-10

セットアップが完了したらツアーの画面になります。

ツアーではDropboxの簡単な説明を見ることができますので、初めての人や理解を深めたい人は「次へ」を、もう知っているという人は「ビデオをスキップ」して先に進めます。

Windows 7-11

お疲れ様でした。

これでDropboxはインストールできました。

Dropboxではファイルを自動的にバックアップして、複数台のパソコンのファイルを自動的に同期してくれます。さらにファイルの差分を取ってくれますので、今保存したものより少し前のバージョンをもう一度見たいという場合にも便利です。

複数台パソコンを持っていても、1台で使っても有効なサービスですね。

Dropbox無料容量の増やし方

Dropboxはまだサービスを使っていない人を紹介していくことで、自分も相手も容量を増やすことができます。

紹介ボーナスは自分が有料プランか無料プランかで違ってきますが、双方の容量が増えることには違いありません。

直接メールを送って招待することもできますし、FacebookやTwitterを使って紹介者を増やしていくこともできます。

ご自分の得意な方法で

 

そんなわけで、上の手順が良かったという方は下記リンクよりDropboxをはじめていただけると、ぼくもあなたも幸せになれると思います。

@Dropbox を使えば、どこにいても、あなたのアイテムにアクセスができます。登録は無料です! db.tt/sPVz4sgM