HSBC口座開設時の個人住所証明書での注意事項

HSBCに口座を開設する時、個人住所証明書としてパスポートと、運転免許証か住民票を持参する必要があります。

その住所証明書に英訳が必要な場合があります。

英文の住所証明が必要な場合

  • パスポートサインが漢字以外の場合
  • 日本運転免許証の住所に平仮名、カタカナが含まれている場合

最近HSBCからパスポートのサインが漢字の場合は、今まで通り日本運転免許証を住所証明として認めるが、ローマ字やオリジナルのサインの場合は、住所証明は英文のものでなければ認めないとの通達があったそうです。

これはほとんどの日本の人は問題ないと思いますが、日本の運転免許証の住所に平仮名、カタカナが含まれていることは結構多いので注意が必要です。賃貸暮らしの方は結構当てはまるのではないでしょうか。

英文の住所証明は国際運転免許証(発効より3ヶ月以内のもの)や銀行発行の英文住所記載の残高証明書(3ヶ月以内のもの)が認められます。

国際運転免許証

一番よい解決方法は国際運転免許証を用意することです。

国際運転免許証は各地の運転免許センターで取ることができます。時間は2時間ほど、費用も2500円前後で取得することができます。

英文の残高証明

英文の残高証明を銀行から出してもらうことでも証明になります。

在香港日本領事館で承認してもらう方法

ユビキタスグループのNOVEL ERAに依頼し、在香港日本領事館で承認してもらうことができます。

依頼の場合の手順は下記の通りです。

  1. 住民票とパスポートコピーをメール添付でお送りください。
  2. サポート費用をお振込ください。
  3. 住民票の原本、委任状、パスポートコピー、証明書発給申請書を弊社宛にご郵送ください。
  4. 弊社にて翻訳を行います。
  5. 領事館に確認していただきます。
  6. OKがでれば住民票の原本、委任状、証明書発給申請書を持って領事館に申請に行きます。
  7. 3営業日~1週間後、領事館にピックアップに行きます。

サポート費用はHKD1,500(公文書翻訳証明書実費含む)です。

金額的にも日数的にも一番手軽なのは国際運転免許証だと思います。

リンク

http://novel-era.com/
ノベルにきいてみよう | HSBC口座開設,香港上海銀行口座開設を日本語でサポート